彼氏・彼女との思い出/出会い・体験紹介コーナー

 

彼女とお願い事した獅子座流星群の思い出

付き合い始めた頃の彼女(美咲)との3回目のデートの思い出です。
その日は獅子座流星群の日でした。二人で夕食後、海までドライブに行くことにしました。まだ、キスもしていない仲だったので私(俊)は「今夜は絶対キスをするぞ!」と心に決めてのドライブです。

海まで小一時間、その日は雲も少なく暗い砂浜では次から次と流れ星が見えてとても素敵な夜でした。しかし、私の頭の中は「いつ、キスしようか」でいっぱいで、無口になっていました。すると美咲が「ねえ、俊くん何かお願いしてるの?」と聞いてきたので「うん、美咲とさ…」と言いながら肩に手を回すと、美咲はビクっと体を硬直させたので、私も緊張してしまい結局そのままキスできないでしまいました。

帰りの車の中はお互い話しかけずらく、会話も無かったのですが、もうすぐ美咲の家に着く間際の信号待ちで、美咲が「ねぇ、さっき海で俊くんしてたお願い事、きっと私と一緒だよ。」と言ってなんと美咲からキスをしてくれたのです。

流れ星への願い事ってホントに叶うんですね。いま思い出しても胸がきゅんとする思い出です。

 

夏の夜のオリオン座

これは、今から15年ほど前、私に出来た初めての彼氏との想い出です。

当時、高校生二年生の私は、年上の強い男性に惹かれてる傾向にありました。学校にいるような男子ではなく、自立している男性が大好きだったのです。高校で同じクラスの女友達に、中学生時の先輩を紹介するよ!と言われ会ったのが彼でした。彼は中卒で、既に働き始め、俗に言うヤンキーに片足突っ込んだような悪い感じの男性でした。しかし、その経歴とはうらはらにタレ目で愛らしい笑顔を作る彼に、私は一目惚れし、すぐに付き合うことになりました。

ある夏の夜、家を抜け出し、夜中に彼とドライブをしていました。近くの海で車を停め、二人で降りて、防波堤から海と空を見ていました。最高のシチュエーションに幸せすぎて、それだけで泣きそうなくらい感動していた私の肩を彼が抱き、突然こう言いました。

「空をみてごらん」

言われた通りに空を見ると、オリオン座が出ていました。時刻は朝4時過ぎ。この時間なら見えるか…と思っていたら彼が続けてこう言いました。

「夏にオリオン座が見えるなんて、地球温暖化でおかしくなってるんだな。地球が危ない。だからずっと一緒にいような」と。

私は絶句し、うん。と頷くことで精一杯。頭の中では、地球は回ってるから冬の星座は朝型見えるもんだよね?と自問自答を繰り返していました。でも、10分後には、本当に地球がおかしくなっているのかもしれないと思ってしまった、淡い初恋の想い出です。

トップ・ページへ戻る

Copyright(C) 彼氏・彼女との思い出/出会い・体験紹介コーナー All rights reserved.